サイトトップ

ペタンとした髪、どうにかならないの?

髪のハリやコシがなくなり、なんとなくペタンとしてきた。髪のボリュームがなくなり、老けて見える…。若いころは、髪にボリュームがあり、広がりやすいことが悩みだった人もふと気がつくと、毛髪が細くなり、頭全体がペタンとした感じになってくることがあります。髪のハリがなくなると、見た目も老けて見えてしまいますよね。髪の印象は、顔の表情も変えてしまいますから、とても大切なパーツだけに、何とかしたいもの。年齢によって、髪のハリがなくなるのは、なぜでしょうか。

髪のハリがなくなる原因とは?

髪にハリがなくなる原因は、いくつか考えられます。大きな原因のひとつは、加齢。歳を重ねると、頭皮が弱り、コシのない細い髪しか生えてこなくなるのです。また、女性ホルモンのエストロゲンが減ってくることで、男性ホルモンが優位になり、抜け毛や薄毛の悩みも出てくるのが、この時期です。頭皮が弱ると、頭皮の毛細血管に十分な血液が循環しなりますし、そのことも髪のハリを失う原因になります。

髪のハリには、アミノ酸系シャンプーがオススメ

人間は歳をとるものですから、髪のボリュームダウンは仕方がないにせよ、できるだけ、ハリやコシは保ちたいものです。ハリを保つのに有効なのは、馬油シャンプーやアミノ酸系のシャンプー。アミノ酸系のシャンプーとは、洗浄成分がアミノ酸系で、できています。特徴としては、洗浄力はやや弱いものの、低刺激なので、頭皮にはやさしく、アトピーやアレルギー体質の人にも人気のシャンプーです。頭皮や髪にやさしいので、頭皮にかゆみ、フケなどのトラブルがある人にもおすすめ。また、使用することで、アミノ酸が髪に少しずつ浸透しますから、髪のハリも保ちやすくなるのです。まずは、アミノ酸系のシャンプーを使って、髪のハリを取り戻すのもいいでしょう。

髪のハリは、生活の中でも取り戻すことができる

髪のハリは、日常のちょっとしたことに注意するだけでも、大分変化していきます。例えば、紫外線に髪が直接当たらないように、帽子をかぶったり、ドライアーを、髪に近いところでかけないなどの工夫は効果的です。また、食生活も髪に影響します。良質のたんぱく質を摂取するように心がけ、髪の質を良くしていくとよいでしょう。また、睡眠中に髪は成長する特徴があるように、睡眠も、髪のハリを保つのには大切です。髪は、生活習慣がダイレクトに影響しやすいところ。キューティクルが整った、つややかな髪は、日頃の努力から作れるものです。ハリ・コシのある若々しい髪を目指して、工夫してみましょう。